リレンザにアレルギーに関する慎重投与の項目が追加された件について

せきが出る女性

リレンザは、厚生労働省も認めている通り、一般的には安全に使用できる抗インフルエンザ薬ですが、人によっては副作用が起きることがあるので、使用の際は注意するようにしてください。
吸入薬という性質上、気管支喘息など、呼吸器に病気のある人が使用すると、発作が誘発され、吸入後すぐにゼーゼーや、ヒューヒューと息苦しくなることがありますし、蕁麻疹が出来たりもするので、気を付ける必要があります。
ぜんそく用吸入薬を併用するなら、ぜんそく用の吸入薬の方から先に使用して、リレンザはそのあとで使うようにしましょう。
厚生労働省は2013年の2月に、2009~12年のあいだ、リレンザを吸入した患者3人が、副作用とみられるアレルギー性ショックを起こし、そのうち1人が死亡していたと発表しました。
リレンザは年間推計170万人が使用しているので、そのようなことはまれにしか起こりませんが、厚生労働省は、薬の使用上の注意書きに、重大な副作用として、ショックを加えるよう指導しています。
死亡した女性は、リレンザを吸入した数分後に呼吸困難となり、手足が硬直し、まもなく死亡したのですが、その方には気管支ぜんそくの発症歴があり、リレンザ吸入当日には発熱と感染性胃腸炎による嘔吐もあったようです。
リレンザにアレルギーに関する慎重投与の項目が追加されたことは気になる点ですが、ほとんどの方には深刻な副作用は起こらないので、それほど怖がる必要はありません。
他の副作用には、顔や上半身のほてりや蕁麻疹、口唇や舌、手足の痺れ、吐き気、顔面蒼白、冷や汗、息苦しさ、下痢、首や背中の痛みなどがありますが、リレンザ使用後にこれらの症状が起こったら、すぐに病院を受診するようにしてください。
ぜんそく用吸入薬を併用するなら、ぜんそく用の吸入薬の方から先に使用して、リレンザはそのあとで使うようにしましょう。
厚生労働省は2013年の2月に、2009~12年のあいだ、リレンザを吸入した患者3人が、副作用とみられるアレルギー性ショックを起こし、そのうち1人が死亡していたと発表しました。
リレンザは年間推計170万人が使用しているので、そのようなことはまれにしか起こりませんが、厚生労働省は、薬の使用上の注意書きに、重大な副作用として、ショックを加えるよう指導しています。
死亡した女性は、リレンザを吸入した数分後に呼吸困難となり、手足が硬直し、まもなく死亡したのですが、その方には気管支ぜんそくの発症歴があり、リレンザ吸入当日には発熱と感染性胃腸炎による嘔吐もあったようです。
リレンザにアレルギーに関する慎重投与の項目が追加されたことは気になる点ですが、ほとんどの方には深刻な副作用は起こらないので、それほど怖がる必要はありません。
他の副作用には、顔や上半身のほてりや蕁麻疹、口唇や舌、手足の痺れ、吐き気、顔面蒼白、冷や汗、息苦しさ、下痢、首や背中の痛みなどがありますが、リレンザ使用後にこれらの症状が起こったら、すぐに病院を受診するようにしてください。

サイト内検索
人気記事一覧