リレンザの使い方は計画的にしましょう

リレンザはインフルエンザの予防薬といて使用できます。
A型およびB型のインフルエンザの感染を防ぐことができる薬です。
リレンザは吸入用散剤です。
主な成分はザナミビル水和物となります。
使用するには専用の吸入器が必要です。
予防薬として用いる場合、この吸入器を使って一日一回吸入します。
使用期間は十日間です。
インフルエンザに感染している人に接触してから一日半後に使用し始めるようにします。
もし、気管支喘息などでバルミコートやメプチンなどの別の薬を使っている場合、それを先に吸入してからリレンザを吸入するようにします。
吸入をする時間も医師の指示に従うようにします。
もしその時間に吸入するのを忘れてしまった場合、気づいた時点で吸入することは可能ですが、その後吸入する時間との間隔が短ければ次の分は抜くようにします。
二回分を一気に吸入しないようにします。
吸入をやめるときは必ず医師に相談します。
医師から吸入を続けるように言われているのに、勝手に止めてはいけません。
また、小さい子どもが使用する場合、使用してから二日間程度は寝ているときも含めて常に付き添うようにします。
また、妊娠していたり授乳している女性や薬によるアレルギーなどがある人は、事前に医師にその旨を伝えなければなりません。
リレンザは治療用としても用いられます。
治療の場合、一日二回吸入します。
使用期間は五日間です。
インフルエンザで高熱などが出るなど、症状が出てから二日以内に使用を開始します。
吸入するときはできるだけリラックスした状態で吸入するようにします。
もし、薬が残ったとしても来年に取っておくのではなく、また次の時に新しいものを出してもらうようにします。