リレンザを買い置きしてインフルエンザに備える

マスクをかける女性

新型インフルエンザの対策を検討する内閣官房の分科会は、2015年10月16日に、国と都道府県などの行政で備蓄する治療薬の量を650万人分を削減するという提言をまとめました。
製薬会社などでの備蓄量は600万人分増やし、人口の45%としてきた全体の備蓄量の目標は維持することになりますが、インフルエンザは冬になると猛威をふるうため、病院によっては足りなくなる可能性があります。
せっかく病院に行っても、薬がなければどうしようもないので、冬が近づいたら個人輸入代行通販でリレンザを購入し、備えておくことをおすすめします。
リレンザさえ自宅にあれば、A型やB型のインフルエンザにかかったときにすぐに使用できますし、48時間以内なら、高い効果を発揮するので、重症化する前に治せます。
インフルエンザを風邪のように甘く考えている方もありますが、子供や高齢者、妊婦などがかかると、抵抗力が弱いので重症化するかも知れません。
数日間も入院して、治療を受けることになると、かなりの病院代がかかりますから、そこまで重症化したくないなら、事前にリレンザ購入しておき、風邪のような症状があらわれたら、すぐに使用するようにしてください。
ひとつだけだと、家族が次々に感染したときに困りますから、家族全員の分を買っておくと安心です。
個人輸入代行通販の多くは、ひとつだけ買うよりも、複数個を買った方が安くなるので、出来るだけまとめ買いをした方が良いでしょう。
送料無料で利用できるサイトなら、薬代のみの支払いで済むので、まずはインターネットでサービスの良いサイトを探すことから始めましょう。
リレンザにはジェネリック医薬品もあるので、費用を抑えたいならそれを選んでください。