業務中に薬を飲まない人はリレンザがおすすめ

患者と説明している医者

冬になって、乾燥してくると風邪をひくことがありますね。
そして冬の風邪で気になるのがインフルエンザか否か。
体調が悪くなったけど、会社を休むことは出来ないという経験をした方は多いと思います。
リレンザなどの薬で何とかごまかして、家で寝れるときにしっかり寝て治そうと考えるのでしょう。
そういったときに気になってくるのが、薬の副作用ですね。
体調が悪いから薬を飲んだのにも関わらず、それが原因で具合が悪くなったり眠気に襲われてしまっては元も子もありません。
現在、インフルエンザに対する薬として最も多く処方されている薬はリレンザです。
では、リレンザにはどのような副作用があるのか、というよりもまずリレンザには副作用があるのか、気になりますね。
リレンザは、他の抗インフルエンザ薬のタミフルなどの経口薬とは違い、吸引剤(ウイルスが増殖する気管に直接的に働きかけることによって、吸引してから約1分後には機器始まる薬)なので体内の血液中にはほとんど吸収されません。
血液中に吸収されないという事は、薬が全身に回ることがないため、ほとんど副作用はないと言われています。
ですので非常に安心して服用することができるのです。
一般に売られている解熱剤や風邪薬には、眠気を催す作用のある成分が用いられていることがあります。
しかしリレンザにはそのような成分は含まれていないため、業務中でも安心して飲めます。
また、吸引剤という事でわざわざ水を取りに行かなくても、デスクにいる状態で吸引することが可能ですので、楽に服用することができます。
粉薬と言うと苦いイメージを持っている方も多いと思いますが、リレンザはほんのりと甘さがひろがるので、後味も悪くなく、吸引した後もスムーズに仕事に取り組めますよ。

サイト内検索
人気記事一覧